keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
にんにくの効能
健康

にんにくの効能

にんにくの効能

最近飲んでいるにんにく卵黄ですが、にんにくの効能などをを調べて見ました。
まず、にんにくに含まれている「アリイン」という成分には、生のにんにくを切ったりすりつぶしたりすることで、「アリシン」という成分に変化します。

そのにんにく成分「アリシン」は、たまねぎやにんにくに含まれる、特有の匂いや辛味成分になりますが、その効果は、血液をサラサラにしたり、血液中の脂質を減らし、糖尿病、高血圧、動脈硬化の予防にになります。

一方、卵の卵黄は、レシチンという成分が含まれていますが、レシチンは、血管中の悪玉コレステロールを排除したり、脳卒中・心筋梗塞・肝機能障害防止にも効果があるります。

そして、にんいくには、「炭水化物・カリウム」が多く含まれていて、脂質やカルシウムはあまり含まれていません。
また、卵黄には、「タンパク質・脂質・カルシウム・鉄」が含まれています。

にんにくと卵黄には、お互いが不足している成分を補い合う関係にあります。
その2つの素材を組み合わせる事により、にんにく卵黄は、最強の栄養バランスといえます。

実際に毎日にんにくを食べ続けていると、にんにく独特の臭いが気になります。
ラーメン屋さんにも置いてあるすったにんにくを、がつり入れたいところですが…やはりその後の臭いが気になって入れることが出来ませんでした。

そんな時に出会ったのがにんにく卵黄のサプリメントです。
すり潰したにんにくの栄養成分がカプセルにとじ込めているので、全く臭いが気になりません。

いろいろなメーカーから販売されているので、自分にあったサプリメントを飲み続けたいと思っています。