keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ソフトカプセルのサプリメントで臭いが気にならない
健康

ソフトカプセルのサプリメントで臭いが気にならない

にんにく卵黄

株式会社てまひま堂は、平成13年に創業された会社で鹿児島市に本社があります。
にんにく卵黄229-55ニンニクゴーゴーを主力商品として、製造販売をしています。
にんにく卵黄229-55ニンニクゴーゴーは、にんにく卵黄をカプセルに閉じ込めた、飲みやすいサプリメントとなっています。

胃でサプリメントが溶けてしまうと、にんにく特有のにおいがしてしまいます。
そのため、この商品では、2重構造のカプセルを使い、カプセルにはとうもろこし由来のたんぱく質をコーティングし、腸で解けるよう工夫がされています。また安全性も考えられて、ソフトカプセルとなっています。

使用しているにんにくは、青森県七戸地区産のものです。農家を社長自ら訪問し、厳選した農家から生産されたものを使用しています。
青森県は、日本では8割の生産量を誇り、寒暖差が激しくにんにく栽培に適している土地です。

このにんにくを土付きのまま仕入れて、皮むき専用の工場で処理がなされています。
また農薬が残留していないかの検査も実施し、安全性をさらに高めています。
次に卵は、宮崎県霧島山ろくの有精卵を使っています。鶏には十数種類を配合した自然素材のえさを与えて育てられています。

また飲ませる水は、霧島山ろくのミネラル分が豊富な水です。
これらの栄養分を吸収した鶏の卵を使用して、商品は作られています。

2010年には新工場が建てられ、ISO9001も取得しています。
40段階視を超える製造工程があり、一般の方の工場見学も実施されています。